選択

虫歯治療。C1なのでちょこっと削ってパパッと詰めるだけの治療で、ちょっと削るけど麻酔する?せんでも大丈夫やと思うけど…の先生の言葉に「麻酔してください!」と即答した私。びびんたれです(笑)

次回は三ヶ月後の定期検診。
スポンサーサイト

虫歯~ぁ あ~ぁ

春先に予定だった定期の歯科検診。殿の白内障手術だの入院だので伸び伸びになってたの、やっと済ませてきたわけです。
虫歯は大丈夫と思てたら「ポチッと黒い点があるので治療しましょね」次回治療とあいなりました。ショック。

タービンの音が既に聞こえてきてる私です(苦笑)

病院 病院 病院…

先月の内科の定期受診後、殿の湿疹に変化が出始めて…1週間程様子を見てても悪化するばかり。
今まで神経の通ってる上半身だけに出てた湿疹が、突然神経の通わない下半身に出現。しかもどんどん広がる。かゆみも痛みも感じないので、見た目の湿疹でしか判断出来ないから物凄くコワイ。早々に予約外診察に向かい「生検しよう」ってんで次の日にお腹と足を切られた(苦笑)

好酸球に効くのはステロイドのみ。副作用が酷くて内科でも管理してもらってる現在、皮膚科の先生としてはステロイドは増やしたくはない。これは我が家もそう考えてるからいいんだけど、何年経っても「決定打」にたどり着けないのってつらいよねぇ。

どうなんだろう?

年初めから殿の病院通いで3カ月が過ぎて行った。たまたま殿は、総合病院である基幹病院で4つの科の治療を受ける事が出来てるけど、それでも「手術病院」だけの科は、紹介状をもらって近場のクリニックに通う事になってるし、脊損で定期で通う基幹病院も別にある。
あっちもこっちもとひとつが悪くなると次々通う科が増えて行くのは、仲良くなったお年寄りの方たちがよく話しているけどね。内科系の病気を抱えてると白内障の手術ひとつとっても「総合病院へ行って」と言われるそうな。細分化されてる診療科目、イイ事だけでもないし悪い事だけでもない。それはわかっているけどさ。
たまたまお世話になった外科が「家庭医」になった私は運が良かったのかも。定期的に血液検査してもらって、悩んでた「巻き爪」の治療もぎっくりさん以来のリハビリも出来てるし血圧管理もしてもらってる。
近場の家庭医、重症化の為の基幹病院。システムだけでなく患者側もそれなりの覚悟をしなきゃと言う事かね。

このブログに引っ越すことにした一番の理由の「食事記録」。公開はしていないけどアルバム作って今日から記録開始です(笑)
いらっしゃい
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アルバム
最新記事
最新コメント
リンク